山形か福井にある大学の医学部に入学するため予備校に通っています

医学部への入学はかなり難関ですが

進路について漠然とした考えしか持っていませんでした医学部への入学はかなり難関ですが

大人になって、昔の夢を思い出すようになり、今ならまだ実現できる可能性があるのではないかと考えるようになりました。
そこで勇気を出して親に相談し、医学部に入りなおしたいということを伝えました。
最初は反対でしたが、熱心な気持ちは伝わったようで、最後は応援してくれることになりました。
目指す夢が決まったら早く行動すべきだと考えたので、大学を退学して予備校に通い始めることにしました。
予備校では医学部を目指す学生だけのコースがあり、その医学部専門コースに通うことになりました。
学校と同じように予備校では朝から夕方まで授業を受けて、その合間に模試も沢山受けなければならないので休む暇がありません。
それでも今までのように無気力な自分ではなく、自分から夢を目指すという強い意志を持っているので、気持ちは以前よりもすっきりしています。
勉強はとても難しくて、時には問題集を投げ出したくなることがありますが、それでも模試で順位や偏差値が上がっていると嬉しい気持ちになります。
一度大学を退学していますし、予備校に通う費用も親に負担してもらっているので、医学部は実家から通える山形の大学か、父の実家がある福井の大学を狙っています。
もし福井の大学に合格したら、父の実家に下宿させてもらえるので、家賃を節約できると考えているからです。
医学部への入学はかなり難関ですが、このまま勉強していれば入学できると確信しています。